reading and coding ...

Raspberry Pi Zero W で温度・湿度計測

3/10/2020, 2:57:11 PM - 73 days ago

前回の記事に引き続いて、ラズパイを使って部屋の温度・湿度の計測にチャレンジしてみた。
このたび新たに購入したのは DHT11 という温湿度センサー。

Amazon.co.jp: KKHMF 2個 DHT11 温湿度センサーモジュール ピンオス/メス デュポンワイヤーが付き Arduino/Raspberry pi 用 「国内配送」: 産業・研究開発用品

自分が買ったタイプのものはジャンパー線が付属しており、また、抵抗も既に内蔵済みで、ただジャンパー線をラズパイに差し込むだけの楽なタイプだった。

pic1

配線にはそれなりに手間取った。
最終的には、センサーの端子のうち、「+」と書かれたものを「5V」ピン(Physical では 2 番)に、「out」と書かれたものを「GPIO 4」ピン(Physical では 7 番)に、「-」と書かれたものを「GND」ピン(Physical では 6 番)に接続すると、うまくいった。

pic2
pic3
DHT11をラズパイに接続する

温度・湿度計測は、以下のコードを clone して実行すればよい。

szazo/DHT11_Python: Pure Python library for reading DHT11 sensor on Raspberry Pi

ただし、自分の場合は GPIO 4 ピンを使っているので、dht11_example.py 内を

- instance = dht11.DHT11(pin=14)
+ instance = dht11.DHT11(pin=4)

と変更しておく。
うまくいけば

pic3
計測の様子

こんな感じで記録が取られる。


この温度・湿度データを slack や Web サイトなどで常時確認できるようなシステムの構築を検討している。